白朋誌は、ドリール博士の講演録・資料を基にシャンバラの教えを掲載しております。

白朋誌1:433号(平成24年1月号)~516号(平成30年12月号)

白朋誌2:517号(平成31年1月号)~582号(令和6年6月号)

      御注意

白朋は、万人向けではありません。

白朋の神秘形而上学は、心的に霊的に均衡をとろうとされる方々の學びの場です。

白朋は、自身の物的人生を神のために積極的に努力し生きようとされる方々のためのものます。

白朋は、霊を自身の物的人生のために利己的に使う方々にはお勧めできるものではありません。

なぜならば、それは悪因の最たるものだからです。

この道に入ると、因果の輪はその回転速度を速めます。

善因を蒔かれた方には善果が、悪因を蒔かれた方には悪果が、早くに現れてきます。

ですが、この道に入った人は、善い事よりも悪しき事が、自身の人生に起きるようになります。

なぜなら、私達は善因よりも悪因を撒き続けながら多くの過去世を歩んできたからです。

言い変えると、悪因を積み上げる事が、そして悪果を克服する事が私達の神に対する働きだからです。

神秘形而上学は、使い方を誤ると災難のもととなります。

それが、秘された神の御力です。

白朋をお読みになる際には、くれぐれも霊に叱られることの無きよう御注意ください。